×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャベツダイエットって知ってますか?
キャベツダイエットできるの?」
おもいッきりテレビでも紹介されたキャベツダイエットで無理なく健康的に痩せましょう!

キャベツダイエットで痩せる!

キャベツダイエットって知ってますか?
今巷で話題のキャベツを使ったダイエット方法。
おもいっきりテレビでも紹介された
キャベツダイエットで無理なく健康的に痩せましょう!

  

キャベツダイエットとは?

まずはキャベツダイエットの実践法をご紹介したいと思いますが、その前にまずなぜキャベツなのかということを説明します。キャベツは食物繊維が多く含まれており、またビタミンCも豊富なためダイエットに向いている野菜なのです。
キャベツダイエットの方法は各食事の前に、ザク切りにしたキャベツ1/6コをよくかんで食べること。たったこれだけ。千切りにしてしまうと栄養分も抜けてしまいますし、なにより食べ応えが減少してしまいます。キャベツダイエットではこの食べ応えというのも非常に重要な要素となっているからです。
各食事すべてにキャベツを食べるのが無理という場合には、まずは一食からでも大丈夫です。
よくかんでキャベツを食べることにより、おなかいっぱいになった感じがするのでキャベツを食べた後に食べるごはんの量が少なくてすむということですね。
いくらダイエットのためとはいえキャベツばかりでは飽きちゃう!という方は他の野菜をまぜてみたり、レモンをかけて食べるといいようです。
濃い味が恋しいからといってマヨネーズやドレッシングをかけてしまってはダメですからね。ダイエットになりません。
キャベツダイエットの副作用であるお肌の荒れやかさつきも抑えることができる食材なのでダイエット食品には好まれて使われます。

キャベツダイエットの注意点
キャベツダイエットを実践する場合に注意していただきたい事があります。
当たり前といえば当たり前のことですが、キャベツダイエットだからといって、決してキャべツだけを食べていればいいというわけではありません。
どんなに健康を損なうことが少なく、お肌やお通じにもいいからと言ってもキャベツばっかり食べていては当然のごとく健康に害を及ぼしてしまいます。
健康的にキャベツダイエットを進めていくためには、やはりバランスをとって時間をかけダイエットをすることが大事なんですね。
バランスの取れた食事、ということはキャベツばっかり食べていてはいけないということですね。
人間が普通に生きていくうえでどうしても最低限必要なたんぱく質の摂取量は一日に約70〜80gと言われております。
目安としては、豆腐半丁、牛乳200mlというところでしょうか。
油っこいものやスナック菓子・ジュースなどはもちろんダメですよ!
普通に食事しながら痩せれるということもキャベツダイエットの強みです!

キャベツダイエットが話題になった理由

キャベツダイエットが一躍有名になった原因は「おもいッきりテレビ」で紹介されたということです。

その時のテーマは「医師が3ヶ月で27kgの減量に成功。メタボリック症候群を克服した」という、とてもインパクトにのこる、キャベツを食べてダイエットをし肥満を改善するポイントを紹介したものだったのです。

その先生の劇的なダイエット成功や効果をみて「自分もキャベツダイエットをやってみよう」とチャレンジしている方もたくさんいるかと思います。

キャベツダイエット成功の秘訣

キャベツダイエットをしていて、なんか物足りない、というときには食事の合間に果物を食べるといいでしょう。
みかん、りんご、柿、ナシなどは一日に2個までは食べても大丈夫です。
ようは極端な状況をつくらないこと。これは無理をしないダイエットということにつながります。
せっかくダイエットをしているのに、どうしても肉や魚を食べるのに抵抗があるという方はプロテインなどで調節をして、バランスよくキャベツダイエットに取り組んで下さい。
ムリをしないで取り組む、ということがキャベツダイエットの一番の成功の秘訣ですね。
このキャベツダイエットに限った事ではなく、なんでもそうですが
大事なのはあきらめずに続けることです。
続けずに3日坊主ではどんなに痩せれる方法を行ったとしても理想的に痩せることは難しいでしょう。
また、他のダイエット方法と組み合わせることも有効です。
いくつか例を挙げますと、
豆乳クッキーダイエット
豆乳クッキーダイエットその2
簡単ダイエット
実践かんたんダイエット
産後太りでお悩みの方は
産後ダイエット
などがおすすめです。
キレイに、そして健康的なダイエットをしましょう!

> サークルネット

免責事項 当ホームページのご利用による不利益等に対して管理人は一切責任を負いません。
Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.